はぎハピ
10/52

妊産婦マル福(保険医療課0293-23-2117) 内容はP46「高萩市助成制度」へ妊娠届け出/母子健康手帳の交付(健康づくり課0293-24-2121)*自宅からの距離 一人のときに陣痛が始まった場合の交通手段も確認しましょう。*立ち会い出産 産院によっては立ち会い出産がNGな場合もあります。*母子同室 赤ちゃんといつから一緒の部屋になれるのか。*入院環境など 入院日数や個室の様子、大部屋の人数、食事など。 個室費用や食事代は保険対象外でもあるので参考に。*お産スタイル 分娩台以外のお産スタイルを聞いてくれる産院もあります。*その他サービス 産院によっては様々なイベントやサービスを行っているところもあります。★★歯のこと歯のこと歯のこと つわりなどの影響で食事が不規則になったり、歯みがきがおろそかになりがちなため、妊娠中はむし歯や歯周病になりやすいものです。昔は「子どもひとりを産むと歯が一本なくなる」といわれたほど。歯周病の細菌が母体の血液を介して子宮内感染を起こし、流産・早産の原因になる可能性もあるそうです。 口の中を清潔に保つことを心がけ、妊娠中期ごろと出産後一ヵ月頃には痛みがなくても歯の健康診査を受けましょう。歯科を受診する際には必ず妊娠していることや、授乳中であることは伝えておきましょう。 高萩市では、妊婦歯科検診を行っています。詳しくは健康づくり課(0293-24-2121)へ。また、歯科の受診も妊産婦マル福の対象となります。詳しくは保険医療課(0293-23-2117)へ。 8

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です