はぎハピ
14/52

お七夜お七夜お七夜三つ目のぼたもち(おはぎ)三つ目のぼたもち(おはぎ)三つ目のぼたもち(おはぎ)初正月初正月初正月初誕生日初誕生日初誕生日七五三七五三七五三帯祝いお宮参りお宮参りお宮参りお食い初めお食い初めお食い初め初節句初節句初節句お七夜三つ目のぼたもち(おはぎ)初正月初誕生日七五三帯祝いお宮参りお食い初め初節句*安産祈願*お宮参り*七五三詣り妊娠中から七五三までの関連行事を紹介しています。地域により祝い方や祝う日にちが異なる場合もあります。また、その日に行わなければならないというものでもありませんので、パパママとおじいちゃん、おばあちゃんの意向なども取り入れながらお祝いができるといいですね。*( / )欄には日付を書き込んでください。( / )男の子生後三十一日女の子生後三十三日( / ) ( / )男児三歳と五歳女児三歳と七歳妊娠五ヶ月( / )生後三日( / )生後七日 ( / )生後百日( / )元日三月三日五月五日生後一年( / )八幡宮高萩市安良川1180生後百日頃に一生食べ物に困らないようにと願いを込めて行う祝い行事です。男の子には破魔弓、女の子には羽子板を飾って子孫繁栄を祈ります。無事に一歳を迎えられたことをお祝いします。一升餅を背負わせたりします。男の子は生後三十一日、女の子は生後三十三日に土地の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を祈願します。子供の成長を祝って男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳の十一月十五日に氏神様にお参りをする行事です。生後七日目に親族など親しい人を招いて赤ちゃんの誕生のお祝いと名前のお披露目をして、健やかな成長を願う行事です。妊娠五ヶ月の戌の日に、腹帯を巻いて妊娠を祝い、出産の無事を祈ります。桃の節句雛人形を飾り、ちらし寿司、蛤のお吸い物、ひなあられなどを食べてお祝いします。端午の節句武者人形(五月人形)や兜、こいのぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べてお祝いします。生後三日目のお祝い。ママの母乳がたくさん出るようにとぼたもちを食べさせるとともにご近所や親族に大きなぼたもちを配るという習慣です。赤ちゃんとのお祝い行事12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です