はぎハピ
16/52

“いばらきKidsClubカード”提示でお得! 茨城県内に在住する妊娠中や18歳未満の子どものいる家庭を「いばらきKidsClub」会員とし、“いばらきKidsClubカード”を協賛店舗等で提示すると、割引や粗品進呈等のサービスが受けられます。(ポスターやステッカーが協賛店舗の目印です)“いばらきKidsClubカード”は健康づくり課・子育て支援課・市民課にて配布しています。▽乳幼児の同乗の際には以下の点に注意してください。 ・背負っての乗用は4歳未満の幼児に限ります。 ・幼児2人を同乗させる場合は、幼児2人同乗用自転車に限ります。 ・乗せる時には安全のためヘルメット・ベルトを着用させましょう。*同乗の目安* 前側 15kg未満・2歳未満 ⇒ 眠たくなったり、急に動いたりする時があるため。 後側 20~22kg・2歳以上 ⇒ 「動いたら危ない」などが分かることが目安。 赤ちゃんは体温調整の機能が未熟です。汗をかいていないか、冷えていないか小まめにチェックしてあげましょう。 エアコンの活用も◎。ただし、冷気は下に溜まりやすいため、床に寝せている赤ちゃんが冷えないよう扇風機で空気を循環させるなど気をつけましょう。その際、風は直接当たらないようにしましょう。 赤ちゃんは汗をかきやすいので、大人より1枚少なめが目安です。肌着1枚~2枚+ウェアが目安です。昼夜での気温の差が激しいため、ベストなど脱ぎ着しやすいものを選ぶと便利です。 外気浴・日光浴に良い時期ですが4月~5月の紫外線は意外と強いため、帽子や赤ちゃん用日焼け止め(初めて使用する時は必ずパッチテストをしてください。)などの対策をしましょう。 肌着1枚~2枚+ウェアが目安です。 気温に応じてベスト・カーディガンで調整を。 昼夜での気温の差が激しいため、前開きのウェアなど脱ぎ着しやすいものを着せましょう。 秋冬の冷たい外気は肌を乾燥させたり皮膚の血行を悪くして肌トラブルの原因となることも。お風呂上がりなどに保湿クリームを塗ることも効果的です。 短肌着+長肌着、またはどちらか1枚、あるいはコンビ肌着が目安です。 汗をよくかくため、湯冷ましやおっぱいを小まめにあげ、1日1回はお風呂で汗を流しましょう。車内は予想以上に暑くなりますので、小さなお子さまはほんの少しでも一人にしないでください。また、冷房の利かせすぎにも気をつけましょう。 肌着1枚~2枚+ウェア、カバーオールが目安です。 新陳代謝が活発なため、室内では薄着で◎。よっぽど冷えなければ靴下も必要ありません。 外では手足が冷えないよう靴下やミトンをつけたり、アフガンなどで足元までくるみます。外出の際は調節がしやすいよう、脱ぎ着しやすい衣類や帽子などの小物を活用しましょう。夏の車のお出掛けには要注意!○自転車の補助いす○2人以上で乗る時は、運転者は16歳以上、幼児は6歳未満と道路交通法で定められています。14

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です