はぎハピ
22/52

歯の表面エナメル質を硬くさせます。*パパやママがお手本となって楽しく歯みがきをしている様子を見せてあげましょう。*歯みがきの歌や映像を使って歯みがきが楽しいと思う雰囲気を作ってあげましょう。 まずは、むし歯にならないための予防が大切です。定期的な歯科検診を!!楽しい歯みがき楽しい歯みがき赤ちゃん 歯の健康赤ちゃん 歯の健康赤ちゃん 歯の健康 むし歯菌は乳歯の生え始める頃から3歳頃にかけて、大人からうつる(主にママ/母子感染)といわれています。住みついてしまったむし歯菌の数は一生変わりません。歯みがきは、歯垢を取り除いたり、むし歯菌の働きを抑制するだけなのです。 パパやママにむし歯菌がいると、同じスプーンを使った時やキス、フーフー吹いて冷ますということからも唾液を介して赤ちゃんにうつってしまいます。将来むし歯になる可能性を大きく減らせるので、3歳頃まで気をつけてあげましょう。 しかし、赤ちゃんとのスキンシップもとても大切です。あまり神経質になりすぎずに、パパママのむし歯を治療したり、歯みがきを丁寧に行う、キシリトール入りのガムを噛むなど家族全員でむし歯菌を減らす習慣づくりに取り組みましょう。生まれたばかりの赤ちゃんの口中にはむし歯菌が全くいないことを知っていますか?生まれたばかりの赤ちゃんの口中にはむし歯菌が全くいないことを知っていますか?歯が生えることはとても身体の発育と関係しています。歯が生えることはとても身体の発育と関係しています。 下の前歯が生えてくるとハイハイやお座りができるようになり、上の前歯が生えてくるとつかまり立ちができ、前歯が4本上下揃うと歩けるようになります。奥歯が生えることで走れるようにも。生まれてすぐ歩ける動物には、生まれた時から歯が生えています。 乳歯の中には生えてこない歯もありますが、永久歯は親知らずを除き全て生え揃いますので心配することはありません。生えない歯があると診断された場合も、それはその子の個性と受け止めましょう。乳歯のむし歯は永久歯のむし歯につながってしまいます!保護者が正しい歯みがきを知ることも大切です。食べ物が口にある時間が多いほどむし歯になりやすくなってしまいます。むし歯にならないために予防が大切です。フッ素の塗布を行っています!!フッ素の塗布を行っています!! 高萩市では1歳6ヶ月健診・2歳児歯科健診・3歳児健診の際にフッ素の塗布を無料で行っています。気になることがあれば、歯科相談(原則毎月第4月曜日/要予約/無料)も行っていますので、ぜひご利用ください。歯科衛生士の話を個別で聞くことが出来ます。 また、歯科についても小児マル福が対象となります。健康な歯を育てるためにも、定期的な受診をおすすめします。高萩市高萩市の事業の事業20

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です