はぎハピ
26/52

 規則的な生活リズムがこころの安定や早寝早起き、朝食摂取につながります。・昼夜の切り替えが上手くいってない・生活リズムが乱れていることが原因であることも。 ➡生活のリズムを整えることで  改善されることがあります。睡眠・食事・外遊び睡眠・食事・外遊び睡眠・食事・外遊び睡眠・食事・外遊び睡眠・食事・外遊び大切な3つのこと良い眠りのために朝6時頃に起きて21時までに寝る。遅くとも朝7時頃までには起こしてあげる。❶朝の光を浴びる ➡体内時計がリセットされるため❷昼寝は短時間で済ます(午後3時には起こす)❸生活習慣の見直し ➡朝ごはんを食べることは大事❹昼間の活動は活発に ➡昼夜のメリハリをつける睡 眠朝ごはんは一日のエネルギー源。よくかんでしっかり食べましょう。食 事•外遊びは夜ぐっすり眠れるようになります。•骨が強くなり成長します。•脳の働きが活発になります。•動体視力を発達させます。•汗をかくことで汗腺の発達を促し、体温調節 機能を育みます。外遊び 脳の一部、前頭葉は人とのやりとりからしか発達しません。情報の一方通行であるTV・DVDでは発達しません。 見せるときには「赤いボールだね。ボール遊びは楽しいよね。」など、声かけをしてあげることで目からの情報だけでなく、コミュニケーションもとることができます。 TV、DVDは悪影響ばかりではありません。上手く付き合うよう工夫してみてください。◆TVとDVDとの付き合い◆夜泣きは…・朝起きる時間を早くする。(目安として6時に起きて21時に寝る。) ➡起きて14~16時間後に眠くなるホルモンが出るため。夜、早く眠るためには…夜、早く眠るためには…●前頭葉とは…総合的な判断を司る場所です。       (自分で考える力やコミュニケーション力)24

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です