はぎハピ
30/52

•低いテーブルはよじのぼってしまうため、上にはなるべく物を置かない。•高いテーブルでもテーブルクロスを引っ張って、熱い料理をこぼしてしまうことも。 また、踏み台になるものは置かないようにしましょう。•ドアや窓に手をはさむ。 蝶つがい側は大人が閉めてはさんでしまうことも。 閉める際には子どもの位置を確認して。•ベランダなど外に通じる扉には鍵を掛けて。•角や縁にはコーナークッションなどをつけて。•キッチン、洗面所、お風呂場はゲートをつけて進入禁止に。 洗剤などの誤飲、カミソリなどでのケガ防止。 また、浴槽内のお湯は万が一の事故を防ぐため抜くように。•玄関や階段にはゲートをつけたり、クッション材を敷く。•ハブラシなどをくわえたり手に持たせたまま歩かせない。•炊飯器やポット、アイロンは手の届かないところに。 蒸気が出る機器などのやけど防止。•電気あんか・電気カーペットは寝たらOFFに。 長時間皮膚の同じ場所に当たっていると低温やけどを起こすことが。•小さな部品や錠剤、ボタン電池などは手の届かない所に。 トイレットペーパーの芯を通る大きさは飲み込む危険が。•菓子の包装紙や、シール、ポリ袋、タバコなどを誤って飲み込んでしまう例が多くみられる。 また、床に落とした錠剤やピーナツなどの豆類、ボタン型電池を飲み込んだり、耳に入れてしまう事故もある。 寝てばかりだった赤ちゃんが成長するとともに、身の回りの危険も増えていきます。気まぐれで興味の向くままに行動する子どもの特徴を知り、防げる事故は未然に対策をすることが大切です。•抱いている時のつまずき。 •大人の衣服に注意。抱き上げる際にファスナーやボタンが当たってしまう。•抱いたままでの食事。熱い飲み物をこぼしてしまう。•ベビーベットから離れる時は必ず柵をあげる。転落防止。•寝ている時に顔にかかりそうなものは外す、置かない。スタイや枕、タオル、ぬいぐるみなどは窒息の危険あり。●手にしたものはなんでも口に運ぼうとします。●頭部が大きく、重心が高いため転びやすいです。●大人より視野が狭く、興味の向くままに行動しますので、 周囲の危険(車が来るなど)を把握できません。●思いもよらない道具の使い方や遊び方をします。●突発的であったり、また怖いもの知らずに行動します。新生児の注意点新生児の注意点※大人の不注意による事故が多いです。できるだけ物をできるだけ物をしまっておく。しまっておく。 ➡お子さまが自由にできる  スペースが増え、  ママも安心できて  ダブルハッピー♪たかはぎ健康・子育て安心ダイヤル たかはぎ健康・子育て安心ダイヤル 0120-193-624 24時間年中無休※フリーダイヤル(無料)です。健康・育児・医療などの相談に医療等の専門スタッフが応じます。茨城子ども救急電話相談 茨城子ども救急電話相談 #8000(プッシュ回線の固定電話、携帯電話から)/029-254-9900(全ての電話から)毎日の夜間 18:30~24:30 休日の昼間 日曜・祝祭日・年末年始9:00~17:00※相談は無料ですが、通話料は利用者負担となります。困った時はこちらへ有害物質を飲み込んでしまった時などはタバコ専用電話 タバコ専用電話 072-726-9922 24時間テープによる情報提供(公財)日本中毒情報センター(公財)日本中毒情報センター 365日対応※相談は無料ですが、通話料は利用者負担となりますつくば中毒110番 029-852-9999(9:00~21:00)/大阪中毒110番 072-727-249924時間対応28

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です